井村屋あずきバーでダイエット

井村屋あずきバーでダイエット

減量の天敵、アイスが美味しい季節になってきました。まぁ、1年中アイス食いまくってる地域もありますけども。

ボディビルダーが食べるアイス

メディアへの露出も高いバズーカ岡田さんのYouTubeチャンネルにて、井村屋あずきバーが紹介されてまして、

なぜか現在、動画は非公開になっているのですが、なるほど、ボディビルダーでもあずきバーならアイス食べてもイイのか!!と去年の後半から続けていたアイス断ちをあっさりと中止して、

このありさま。

その後も食べ続けてるので、現時点で10箱くらいは食べた気がする。ということは

あずきバー60本…!!?

いくら1本あたりにたんぱく質が2gも含まれている優良な甘味だとしても、このペースで食べ続けて痩せるわけないからね。

以前よりも固くなっているという噂

「固くて有名」な井村屋あずきバーですが、以下の記事によると

💡井村屋のあずきバー、やはり少しずつ「固く」なっていた…! その理由とは?(圓岡 志麻) | マネー現代 | 講談社

  • コロナ禍の中、あずきバーが過去最高の売上げを更新
  • 「ぜんざい」をアイスにするというポリシーで開発
  • 発売当初に比べ、現在は3~4割程度甘さ控えめに
  • 安定剤、乳化剤は使っておらず、砂糖の使用量を減らしたことにより、以前よりも固くなってきている

とのこと。

自分は、固い状態で端っこを削るようにかじるのも好きなのですが、すこーし溶けて色が変わってきた端っこをサクサクかじるのも好きです。

原材料と成分

手元の資料(6本入りの空き箱)によりますと

原材料名:

  • 砂糖
  • 小豆
  • 水あめ
  • コーンスターチ
  • 食塩

で、人工甘味料など、余計な原料が入っていない(いわゆる「クリーンな」)ところが好印象。

また、6本入りのBOXタイプの場合、1本あたりの栄養成分(目安):

  • エネルギー:110kcal
  • たんぱく質:2.0g
  • 脂質:0.3g
  • 炭水化物:24.8g
  • 食塩相当量:0.09g

とのこと。

ラクトアイスのようにハイカロリーではないし、氷菓でたんぱく質2.0gは優秀だし、炭水化物24.8gはローカーボダイエットしている人にはちょっと厳しいかもしれないけど、運動したあとのエネルギー補給にはちょうどイイんじゃないかなーと思います。

美味しいので、食べすぎ注意ですけど。

これからの季節は、あずきバーのような甘味もうまく使って減量を進めたいですな。