Fitbit Charge 3のベルトを交換する

Fitbit Charge 3のベルトを交換する

去年、愛用していたFitbit Charge 2っていうアクティビティトラッカーの心拍数センサーが壊れてしまい、心拍数が取れなくなったので

心拍数が取れないアクティビティトラッカーはただのベルトだ

つって、急遽Fitbit Charge 3を購入したんですよ。

左がCharge3で右がCharge2。

そしたら純正のベルトが1年くらいで切れたので、予備に入っていた長い方のベルトを使ってたら、今度は金具部分が切れて、仕方なくAmazonで安いベルトを買ったんですね。

これです、これ。まだ売ってる。

そしたらこのベルト、2ヶ月弱で、Fitbit本体との結合部分っていう思わぬところがぶっ壊れまして、この有様。

性懲りもなく、今度はこれをポチりました。

色もワインレッド。

ベルトの劣化が異様に早いのは、ぼくの使い方にも問題があるかも知れなくて、Fitbit Charge 3からは防水になったんですよ。なので、調子に乗っちゃって充電しているとき以外は完全につけっぱなし。睡眠時もシャワー浴びてるときもつけっぱなし。このせいで加水分解が進んでいるのは間違いないと思います。

あと、ボルダリングのときも心拍数を取りたいので、Fitbitをつけておきたいのだけど、通常、ボルダリングジムでは危ないので腕時計の着用を認めてません。なので、ベルトを外して、リストバンドの内側に本体だけをしまって、ボルダリングしています。

こんな感じで。リストバンドの毛玉がヤバイ。

要は、ボルダリングする度にベルトを脱着することになるので、高頻度の脱着で結合部分が壊れたのかもしれないな、と思っています。

Fitbit Chargeシリーズは、必要十分な機能性とか、サイズ感とか、値頃感とか、ベルトの耐久性以外はめちゃくちゃ気に入っていて、ボルダリングで使うこと、バッテリーの持ちが十分であることを加味するとApple Watchよりもイイんじゃね?とか思ったりするんですけど、これはちょっと格上のスマートウォッチ様にひがみが入ってるかもしれない。

今度はGPSを搭載したFitbit Charge 4が出るらしいので、これもタイミング次第では買ってしまうんじゃないか、って思ったり。GPSがついているってことは、ジョギングのときにスマホ持っていかなくて良いってことですよね…。ゴクリ。

追伸

届きました。