ボルダリングを4ヶ月休むとどうなるか?

ボルダリングを4ヶ月休むとどうなるか?

最後にボルダリングに行ったのが3ヶ月以上前の1月の初め。その前も3週間ほど間が空いていたので、実質4ヶ月は登らない期間が続いたボルダリング。活動のメインをスノーボードに移した時期でもあり、今シーズンはそれなりに雪が積もり、暖冬でほとんどスノーボードに行けなくて相対的にボルダリングに行けていた昨シーズンよりも、今年はモチベーションを下げていました。

というアレで、先日、久しぶりにボルダリングジムに登りに行ったのだけど、なかなかの弱体化っぷりにちょっと涙目になりましたよね。

4ヶ月間の変化

体重

4ヶ月間、筋トレもせず、ジョギングもやめていたので、定期的な運動と言えば、週に1、2回のスノーボード。体重は12月の平均値から3kgくらい増加してました。

これはさすがにヤバいということで、3月の最終日からボチボチとジョギングは開始してます。でも、痩せるなら筋トレと食事制限の方がイイんですよね…。

グレード

もともと大して高くないグレードが2つは落ちました。

  • 自身最高グレードはまったく触る気が起きない(いちおう触ったんですけど、核心にも届かない)
  • 1つ下のグレードはひとつも完登できない
  • 2つ下のグレードもイチゲキできない

というような状況。

「2つ下のグレード」が「初心者が最初に感じる壁」あたりのグレードなので、もともとの実力も推して知るべしなのですが、…完全にこれ、初心者に戻っとるやないか。泣いた。

ムーブ

体の動かし方は覚えてました。しかし、ぜーんぜん思ったとおりに動かすことができない。保持もできないし、足も上がらない。

とにかく、身体が鉛のように重い。腕を上げるのも、太ももを持ち上げるのも億劫。パリの午後のように気だるい。

あと、オブザベーションができなくなっているのと、教えてもらったテープなしの課題がボケてんのかな?って思うくらいぜんぜん頭に入らない。登りながら、「えっ? えっ? えっ? えっ?」ってオットセイの鳴き声みたいになる

痛み

指皮

指皮がふわっふわの赤ちゃんの指みたいに戻ってたんですけど、いや、赤ちゃんの指はさすがに赤ちゃんに失礼ですけど、指皮の硬さが完全に取れて、ノーマルな指に戻ってました。

ノーマルな指にはホールドの摩擦係数は高すぎるし、ヒトの体は重すぎる

まず指皮の痛みにやられました。

前腕

秒でパンプアップする前腕。と、同時に、急速に低下する握力。

筋トレすらしなかった自分が恨めしい。

足指

足指とか足裏の筋力が低下していて、軽く攣りそうになりました。

右手中指の第2関節

1年以上前に自分の握力で突き指をしてしまい、右手中指の第2関節がずっと腫れていて完全に曲がらず、拳を握り込めない状態が続いていました。で、これが4ヶ月のレストでかなり回復してきていて、だいぶ曲がるようになってきてたんですけど、1回のボルダリングでまたすこーし痛みが出てきているような気がします。

このままボルダリングを続けても無理をしなければ治るのか、もっと長期間レストしないと治らないのか、要経過観察。

常連さんの反応

こちらからすると、たかだか4ヶ月ジムを空けただけ。顔ぶれもそんなに変わっていないので、どもどもーお久しぶりですーまた弱いぼくを登らせてくださいー、くらいのノリで入っていったんですけど、まるで幽霊でも見るかのような顔で「何してたんですか?」「どこでコソ練してたんですか?」っていう反応でした。

少し間を空けるとすぐに弱くなる、その恐怖から普通は間隔を空けないという、クライミングならではの反応かもしれません。

数ヶ月やらないだけで驚かれるスポーツって、ほかにありますかね?

で、弱くなったぼくを見て、ちょっと嬉しそう。もともと弱いのに、そんな反応してもらって、なんかちょっと申し訳ないです…。

モチベーションのリセット

冒頭に書いたとおり、スノーボードシーズンへの突入によりボルダリングへのモチベーションを下げていました。ですが、振り返ればその前から、クライミングの上達が頭打ちになっていた気がします。グレードも上がらず、登れる体験も減り、モチベーションを下げていたと思います。

4ヶ月間ボルダリングから離れていたことで、グレードが下がって、相対的には上達する余白が増えたはず。低いグレードからまたレベルアップしていく感じをやり直せると思えば、案外グレードを下げるのも悪くなかったのかもしれません。

まずはグレードを戻すこと、次に過去最高グレードを更新することを目標に、体作りとか、トレーニングも工夫しながら、これからまた取り組んでいこうと思います。

まぁ、年齢的にグレードの更新は難しいかもしれないですけどね。おっさんがそれなりに難しい課題に登れると、格好いいじゃないですか。まだまだ、格好つけたい。