フリック入力でもっとカンタンにカギ括弧を入力する方法

フリック入力でもっとカンタンにカギ括弧を入力する方法

💡この発想はなかった! フリック入力で括弧や矢印などの記号をカンタンに入力する方法

という記事を以前書きました。

「パターン認識が得意」という、人間の特性を最大限に活かした革新的なフリック入力で、詳しくは記事の方を参照いただきたいのですが、要は括弧(「」とか)や矢印(→とか↑とか)をフリック入力で直感的に入力できる「かあたメソッド」を提案し、当ブログでもよく読まれているライフハック記事だったりします。

で、先日、当記事がTwitterで紹介されてまして、その返信に

括弧は「や」の左右フリックで出てきますよ

とあったんですね。

「や」の左右フリック、とは…?

「や」を長押ししてみた

さっそくiPhoneを引っ張り出して、キーボードを開き、「や」を長押ししてみました。

お分かりいただけただろうか…。

「や」の左に開くカギ括弧(「)が、「や」の右に閉じカギ括弧(」)があるじゃねえか!! マジかよ知らなかったわ!! 天才かよ!!

カギ括弧を入力すれば、変換候補として括弧の種類が選べるので(↓)

もう、括弧に関しては、「や」で左右のフリック入力、これ一択。これでイイと思う。完璧。

長押ししなくてももちろん良い

分かりやすくするために、上では「長押し」と書きましたが、もちろんフリック入力なので、長押ししなくて良いです。

とか

みたいにフリックすればヌルッと決まるので。

まとめ

結論としてはこうなりますね。

  • 括弧を入力するなら「や」の左右フリック。これ一択。
  • 矢印を入力するなら、今までどおりかあたメソッドでオッケー
    • 「かあた」はもともとカギ括弧を表してるので、矢印の入力なら「かたや」メソッドということになりますけど、正直どうでもよろしい

今日も先人たちの知恵に感謝。