THERMOSスープジャーポーチ │ SVEA 123Rのケースにピッタリの保温ケース

ライフハック
この記事は約3分で読めます。

金色の悪魔ことOPTIMUS SVEA 123Rには標準のケースがあるんですけど、これがAmazonではサイズが大きすぎるだの、チープな造りだの、あんまり評判が良くない。

(↑)改めて見てみるとそんなに悪くもなさそうですけどね。

ということで、先人達の知恵を借りて、THERMOSの「スープジャーポーチ」をSVEA 123R用のケースとして買ってみました。

「スープジャーポーチ」にはサイズがいくつかあるのですが、自分が買ったのは0.4Lの250〜400ml用のやつ。これがちょうど良いサイズらしい。

たしかに縦も横も専用ケースのようにジャストサイズ。

ケースに入れたままソースパンを外して、もう一度被せようとすると隙間がなくて難儀するくらいのピッタリ具合です。

THERMOSの真空断熱容器を保温するためのポーチだと思うので、(THERMOSブランドを傷つけないためにも)なかなかしっかりした造りになっています。内側は熱反射を狙ってるのか、銀色の素材。全体的に肉厚で、特に上蓋は分厚くなっています。たぶん、スープジャーを立てて入れた場合に、上蓋方向が保温上、ウィークポイントになるため、手厚くフォローしているんだと思います。

このポーチの後ろ側にはポケットがついていて、カトラリーとかを入れる想定みたい。自分はストーブを使用する上での必需品、着火用の「マイクロトーチACTIVE」を入れてます。

プレヒートに燃料タンクのガソリンを使用する方は、スポイトでタンクから予熱用の燃料を吸い取ったりすると思いますが、そのスポイトを入れておいてもいいかもしれないです。

色は金色の悪魔に合わせて「アンバー」にしてみました。この圧倒的な色彩感覚。ネイビーとかの落ち着いた色よりも完全に似合ってると自負しております。なお、当方、黄色のスニーカーを履いちゃうようなアレです。

せっかくの保温ポーチなので、ケースとしてだけ使うのはもったいない。例えば、SVEA 123Rで炊飯したとして、蒸らす間のコジーとして使えないかなーと思い、メスティンを入れてみたんですが、

ちょっと厳しそう(これだけ包まれてれば十分という考え方もあるけど)。

コジーとしての造りは良いので、SVEA 123Rのケースとしてだけでなく、ほかにも使えるシーンがないか探してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました